臨床研究センター

診療情報を用いた研究の実施状況

診療により得られる診療情報は、受診者個人の診療に役立つことはもちろんですが、医学・医療の質の向上にも役立つ貴重なデータでもあります。

当院では、診断・治療技術の向上、病態の分析、疾患の原因の解明のためにさまざまな臨床的研究に積極的に取り組んでいますが、そのためには皆様のご理解とご協力を得た上で、これらの診療情報を活用させていただくことが必要です。
研究で必要となる情報項目は、当院単独の研究か、他施設との共同研究かなどによって異なりますし、研究結果がどのような形式で公表される可能性があるかなどは研究課題によってさまざまです。そのため、山口県立総合医療センター倫理委員会および当センター内部の臨床研究センターにおいて、皆様の権利の保護を万全とするとの立場から、研究ごとに異なる要素を検討、客観的な審査の上、研究における情報の取扱い方法と皆様のご理解を得る方法を決めさせていただいています。

このページでは、現在行われている臨床研究とその対象となる皆様に関する情報をお知らせします。ご疑問、ご不安、ご希望等がございましたら記載の研究担当者までお知らせいただくようお願い申し上げます。

なお、対象者へ個別に説明し、ご同意いただく方法をとる研究課題については、このページには記載しませんので、研究担当者がお渡ししている説明文書をご覧ください。

医療・診療の向上のため、ご協力いただくようお願い申し上げます。

山口県立総合医療センター院長

研究課題名

下記の臨床研究を実施しています。データの利用を拒否される方は、お知らせください。(0835-22-5343)

研究課題名 承認日 研究責任者
日本骨折治療学会運動器外傷データベース[Database of Orthopaedic Trauma by Japanese Society for Fracture Repair(DOTJ)]における四肢長管開放骨折症例の登録事業 H27.5.20 整形外科 部長
関 寿大
糖尿病治療に関連した重症低血糖の調査研究 H27.9.16 内科 主任部長
井上 康
山口県における Japanese Pediatric Asthma Control Program(JPAC) を用いた小児気管支喘息実態調査 ~2008年と2012年の比較~ H27.9.16 小児科 部長
清水 美保
急性一酸化炭素中毒レジストリー Carbon monoxide Poisoning in Japan(COP-J) study H27.9.16 救命救急センター・センター長
井上 健
疫学調査「血液疾患登録」 H28.11.18 血液内科 診療部長
高橋 徹
日本産科婦人科学会周産期委員会 周産期登録事業への参加 H24.10.29 総合周産期母子医療センター長
佐世 正勝
がん診療均てん化のための臨床情報データベースの構築と活用に関する研究(院内がん登録とDPCを使ったQI研究(2015年症例)) H29.9.20 診療情報管理室 主任主事
白石 裕子
ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究 H29.7.19 外科 部長
須藤 隆一郎
レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究 H29.11.15 循環器内科 診療部長
池田 安宏
カテーテルアブレーション症例登録プロジェクト(J-ABレジストリー) H29.11.15 循環器内科 部長
上山 剛
Decubitus in Intensive Care Units (DecubiICUs) H30.3.14 ICU 看護師
藤本晃治
日本心血管インターベンション治療学会内登録データを用いた総合的解析(CUIT-2017) H30.7.18 循環器内科 部長
中尾 文昭
院内がん登録・DPCデータと病理・放射線情報のデータの一元化と活用に関する研究 H30.7.18 病理診断科 診療部長
田中 慎介
食物経口負荷試験によるアナフィラキシーに関する調査 H30.7.18 小児科 診療部長
長谷川 真成
当院における精神疾患合併症妊娠についての検討 H30.9.19 産婦人科 部長
三輪 照未

 

▲このページのトップへ

SOP・委員会名簿

書式ダウンロード

▲このページのトップへ

会議の記録の概要

▲このページのトップへ