診療情報管理室

概要

診療情報管理室は、患者さんの診療情報を管理する部署です。当院は、平成24年から電子カルテの運用を開始し、紙の記録から電子的な記録に移行しました。

診療情報は、患者さんの診療のために利用されます。さらには、臨床研究や疫学調査等の医学教育・研究での利用や、疾病統計や死因統計といった、病院や公衆衛生のためなど様々な場面で活用されます。

診療情報の質の向上は、最終的に患者さんや医療職へ還元され、医療の質の向上につながります。

主な業務内容

  1. 診療情報の管理・監査
    診療記録は厳密な情報管理の下に、患者さんの診療で利用されます。この重要な診療情報の適切な管理・監査、記録の充実に努めています。
  2. 診療情報のデータベース管理
    診療情報を登録・データベース化しています。このデータを抽出・分析・活用することにより、医療職の専門性や医療の質の向上を図っています。
  3. がん登録
    当院は、地域がん診療連携拠点病院であり、院内がん登録が義務づけられています。また、平成28年4月から、全国がん登録が開始となり、全国全ての病院(一部の診療所を含む)で、がん登録が義務化されました。これらのがん登録の情報は、当院の医療の質の向上だけではなく、国や山口県の政策にも利用されます。

 

認定資格の取得状況

診療情報を適切に、かつ精度の高い管理を行うために有資格者の配置にも努めています。

認定資格等 認定団体 のべ人数
診療情報管理士 四病院団体協議会及び医療研修推進財団 6人
診療情報管理士指導者 日本診療情報管理学会 1人
がん登録実務初級認定者 国立がん研究センター 1人
がん登録実務中級認定者 国立がん研究センター 2人
上級医療情報技師 日本医療情報学会 1人