へき地医療支援部(へき地医療支援センター)

医師紹介

原田 昌範 画像

原田 昌範 はらだ まさのり
診療部長 / 平成12年卒
プライマリ・ケア / 家庭医療 / 内科
資格
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医・家庭医療専門医
  • 日本外科学会 認定医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 社会医学系専門医協会 社会医学系指導医・専門医
  • 身体障害者 指定医
  • 日本DMAT隊員
  • 山口大学医学部非常勤講師
  • 神戸大学医学部非常勤講師

メッセージ

皆さんのふるさと、そしてルーツはどちらですか?山口県の面積の約6割がいわゆる医師不足地域「へき地」で、現在約20万人の方が暮らしています。私自身のルーツはへき地です。自治医科大学を卒業し、へき地勤務を経験しました。患者さんの生活や生きがい、その家族、そして患者さんが暮らす地域に深く関われることは、へき地医療の魅力のひとつだと思います。しかし、山口県では医師の偏在や若手医師の減少により、へき地医療の現状は厳しい状況が続いています。へき地に暮らす皆さんが、住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、「医療」は重要なライフラインのひとつです。

私自身、へき地勤務時代に当院から様々なサポートを受け、安心して地域医療に取り組むことができ、「支援」の重要性を実感しました。現在は、支援する側として、①へき地診療支援、②仕組みづくり、③次世代の育成に取り組んでいます。ふるさとの医療を守るため、「医療の谷間に灯をともす」を合言葉に、同志を募り、県立病院の重要なミッションのひとつである「へき地医療支援」をこれからも充実させて行きたいと思います。