耳鼻咽喉科・頭頸部外科

ここに(特色)タブ部品が入ります

再建伴う頭頸部癌手術の風景

再建伴う頭頸部癌手術
(形成外科合同手術)

耳鼻咽喉科の診察風景

診察風景

ご案内

耳鼻咽喉科は、その名の通り、耳、鼻、のどの疾患を扱う診療科です。

中耳炎、鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎(ちくのうしょう)、扁桃炎などが良く知られた病気であり、多くの患者さんが、耳鼻咽喉科で治療を受けておられます。

しかし、意外に耳鼻咽喉科疾患が原因ではないめまいも多くありますが、耳の病気が原因のめまいは多く、内科や脳外科から紹介されてこられる方が、かなりおられます。

また、頭部から頸部のうち脳、脊髄および眼窩を除いた領域を頭頸部と呼びます。当科ではこの領域に発生する腫瘍を取り扱っています。

病気の進み具合と患者さんの身体状態などを考慮して、がんの根治性、発声や嚥下といった機能の温存、患者さんの生活の質(QOL)のバランスを保ちながら最適と思われる治療を受けていただけるように日々診療を行っています。
 

当センターは「日本頭頸部外科学会の指定研修施設・準認定施設」に認定

山口県内において、山口大学医学部附属病院と当院のみが「日本頭頸部外科学会の指定研修施設・準認定施設」に認定されています。さらに、当院では常勤の頭頸部がん専門医が在籍しており、外科・形成外科・脳神経外科・放射線科・歯科口腔外科の複数の診療科と連携して治療を行なっています。

 

<<ページ終わり>>

 

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

ここに(頭頸部腫瘍)タブ部品が入ります

頭頸部腫瘍疾患と治療法

頭頸部腫瘍の治療法は、良性腫瘍の場合は縮小手術を行います。悪性腫瘍の場合は、腫瘍の発生部位に応じて手術療法、化学療法(抗がん剤、分子標的薬など)、放射線療法を総合的に組み合わせる集学的治療を行います。手術により機能障害が強く出る場合は、形成外科との協働で再建術を行うことにより、術後の早期回復、機能維持に努めています。また、内視鏡を用いた低侵襲手術も行っています。
 

当院で治療を行っている主な頭頸部腫瘍疾患一覧

疾患名 症例 検査
咽頭腫瘍 扁桃の腫れ、のどの異物感、出血 病理組織学的検査、細胞診検査、 CT検査、MRI検査
喉頭腫瘍 嗄声、痛み 内視鏡検査、超音波検査、病理組織学的検査、細胞診検査、CT検査、MRI検査
唾液腺腫瘍 発生部位の腫れ、しこり 超音波検査、CT検査、MRI検査
甲状腺腫瘍 ※1 腫瘍が大きくなるとのど仏の下あたりにしこりが認められるようになる。 超音波検査、細胞診検査、CT検査、血液検査
鼻・副鼻腔腫瘍 鼻水、鼻づまり、鼻出血 病理組織学的検査、CT検査、MRI検査
口腔腫瘍 ※2 口内炎の治癒の遅れ
白板症(粘膜がべったり白くなること)
病理組織学的検査、CT検査、MRI検査、超音波検査

※1 他医療機関との連携により、アイソトープ治療を行うことがあります。
 ※2 当院の歯科口腔外科との協働により、治療を行っています。 

 

治療方法と効果(舌癌切除後の皮弁再建術)

主に大腿部から組織を採取し、舌部へ移植します。その際、頸部で血管吻合を行います。

再建舌部

 

<<ページ終わり>>

 

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

ここに(小児領域)タブ部品が入ります

当院では小児科ならびに麻酔科との協力により、小児領域における手術が可能です。
 

当院で治療を行っている主な小児領域の疾患一覧

疾患名 症例 検査
慢性扁桃炎 扁桃炎の繰り返し 口蓋扁桃摘出術
睡眠時無呼吸 睡眠中に呼吸が止まること。日中の強い眠気や集中力低下を引き起こすことがある。 口蓋扁桃摘出術
(含むアデノイド切除術)
滲出性中耳炎 鼓膜の奥の中耳に滲出液という液体がたまる病気。
慢性化すると難治性になることがあるため注意が必要。
内服薬による治療、慢性化する場合は、鼓膜換気チューブ留置術
先天性耳瘻孔 先天性の耳の前の皮膚上に小さな孔(あな)がある病気。白くにおいのある膿が出ることがある。 耳瘻管摘出術

 

 

<<ページ終わり>>