遺伝カウンセリング室

近年の遺伝医学の進歩は目覚ましく、多くの遺伝性疾患で、その原因が明らかにされ、遺伝子レベルの正確な診断ができるようになってきています。遺伝子を解析することにより、病気の確定診断や治療、発症の予防に役立てる研究も進められ、既に臨床に応用されている分野もあります。

こうした医学の発展の中で、より多くの遺伝情報を調べることができるようになり、遺伝子検査結果が家族(親、子、親族)に及ぼす影響や、治療法のない病気の遺伝子検査を受けるべきかどうかなど、さまざまな問題も一方で出てきています。

当院では、遺伝性疾患でお悩みの患者さん及びそのご家族に対する正確な情報伝達と心理支援を目的として、遺伝カウンセリング室を開設し、最新で正確な情報をもとに患者さんやご家族が自律的な意思決定ができるようサポートしています。

産婦人科、小児科、外科、乳腺外科、神経内科、泌尿器科、循環器科など複数の専門医が連携してアドバイスする体制を取っています。

相談例

  • 遺伝する病気と診断されたが、詳しい病気、遺伝の説明を聞きたい。
  • 最近親が遺伝子の病気と診断された。将来自分も同じ病気になるのではないかと不安。
  • 子どもが遺伝病と言われた。家族に同じ病気の人はいないのになぜ?
  • 遺伝子検査を勧められたが、どうしたらいい?
  • 第1子が遺伝性の病気なので、2人目がほしいけど心配。
  • 先天性の病気と言われたが、どのように育てればいい?

スタッフ紹介

室長

佐世 正勝 総合周産期母子医療センター長 (臨床遺伝専門医)

室員

讃井 裕美 産婦人科部長 (臨床遺伝専門医)

大下 真美 認定遺伝カウンセラー