薬剤部

ご案内

薬剤部内の作業風景

病院の待合室から眺めると、薬剤師は薬を調合している姿だけが目に入ります。しかし、実際にはそれ以外にもいろんな部署がたくさんあるんですよ。病気の治療になくてはならない「くすり」について、いろいろな係わりをもっているのが、私たち病院薬剤師です。

以下にその内容をご紹介しましょう。

薬剤部を内側からみると医師のオーダーを確認したり、薬剤部の中の機器をコントロ-ルするためのコンピュータがぎっしりならんでいます。さながら、どこかの工場のようです。

調剤室の様子薬剤部の様子

調剤室

昔からよく、くすりを調合するといいますが、この部屋で患者さん一人一人に適したくすりを、処方せんに基づいて調剤しています。調剤室の作業風景自動散薬分包機の写真

散薬台と調剤監査システム

散薬調剤の様子粉薬を秤る時の監査システムで、電子天秤とバーコードリーダーからなっており、医師が外来や病棟でオーダー(処方)した薬が画面に現れるようになっています。
粉の薬が何であるかを間違わないように全ての薬のびんにはバーコードが貼りつけてあり、秤り終わった後、薬の名前と重さがレシートになって出てきます。さらに、この監査システムは分包機ともリンクしていて、粉薬が分包されて出てくる時には患者さんの氏名や医薬品の名前が印字される仕組みになっています。

自動錠剤分包機(ATC)

自動錠剤分包機の写真たくさんの種類の錠剤やカプセルを自動的に一つの袋にまとめる機械です。
この装置も医師が処方したデータにリンクして起動します。

DI室(医薬品情報、治験 etc.)

薬剤部DI室の様子ここでは医薬品の情報を収集、管理しており、医師や看護師等へ最新の情報を提供したり、問い合わせに対し速やかに答えています。また、将来、日の目を見ることになる新しい薬(治験薬)について、医師、製薬会社そして患者さんとの協力により、治験薬の提供及び管理をしています。

病棟薬剤師

病棟カンファレンスの様子 病棟カンファレンスの様子 病棟薬剤師の様子

病棟カンファレンスの様子患者さんのベッドサイドに行って、正しい薬の飲み方や使い方を説明します。
安全に薬を供給する為に、医師や看護師と定期的に会合(カンファレンスといいます)をもち、チーム医療のスタッフの一員として活動しています。

製剤室

調剤風景この部屋で、必要に応じ当院オリジナルのくすりの製剤をしています。

注射薬管理室

注射薬管理室の巨大冷蔵庫の写真この部屋では、注射薬の管理を行なうと共に注射薬処方せんに基づいて調剤、供給を行っています。飲み薬と同様投与量のチェック等をおこなっています。
上の写真は注射薬管理室の巨大保冷庫から、冷所保存の注射薬を取り出しているところです。

注射薬自動払出装置(AAD)

注射薬自動払出装置の写真

処方せんに基づいた注射薬(アンプルやバイアル)を自動的にピッキングする装置です。これにより、患者さんひとりひとりの注射薬がセットされて出てきます。

クリーンルーム

クリーンルームの写真

この部屋は細菌のほとんどいないきれいな部屋です。NASAクラス10,000の部屋です。 (つまり0.5μmの粒子が1ft3中に10,000個以下に抑えられた部屋ということです。)
IVH(高カロリー輸液)といって手術の後や、体力がおちて食物を口から摂ることのできない患者さんに使用する栄養剤や、注射薬の混合をおこなっています。

安全キャビネット

安全キャビネットの写真

化学療法に使用する抗癌剤の調製をするために用います。これにより、調製者が毒性の強い薬物から被爆するのを防ぎます。

 

外来 服薬指導(外来化学療法室)

外来化学療法の様子

外来の化学療法室で抗がん剤の内容チェックや副作用の発現はないか等確認します。また、患者さんに指導を行います。