臨床研究センター

研究実績

当院は以下の研究に参加しています

【研究名】

がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究

【研究者】

国立がん研究センターがん対策情報センター 東 尚弘

【研究の概要】

平成 19 年 4 月よりがん対策基本法が施行され、がん医療の均てん化の促進が唄われているものの、進捗状況を具体的に把握するためのシステムは未確立です。この研究は、診療実態の把握や標準診療実施率(QI)の算定・参加施設へのフィードバックなどを行い、QIシステムの妥当性の検証・構築を行うことを目的としています。

参加した各施設はフィードバックされたデータを基に、自施設のがん診療の標準化を検証し、改善を図ることが出来ます。

当院もこの研究に参加することで、当院が実施しているがん診療の検証を行い、改善を図ってまいります。

【研究対象】

2014 年 10 から 2019 年 6 月までのがん患者さんのデータ

【対象者の保護】

提出データについては匿名化し、常に暗号化した状態で適正に管理されます。なお、この研究参加に同意しがたい場合はその旨をお申し出ください。

お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。

これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

【利益相反】

本研究に関して、いかなる個人・団体の意図に影響を受けません。

【問い合わせ先】

本研究に関して、不明の点等がありましたら、いつでも遠慮なくお申し出ください。

山口県立総合医療センター
診療情報管理室 白石 裕子

TEL:0835-22-4411