地域医療連携室

地域医療連携室 TOP 画像

室長 藤井 崇史 画像

室長
藤井 崇史

地域医療連携室では、地域の医療機関や施設からの紹介患者さんの診療・検査の予約をはじめ、お問い合せ、入院・転院などのご相談をお受けしています。さらに地域の医療機関や施設、在宅サービス事業所、訪問看護ステーション、福祉行政などとの連携業務、患者さんやご家族の方々の色々なご相談にも対応するなど当センターでのスムーズな診療をご提供するために多くの役割を担っています。

高齢化社会が日々進んでいる中で、現在の医療を取り巻く環境は急速に変わりつつあり、病院の機能分化のためにも急性期病院としての機能の有効活用が重要課題となっています。こういった社会背景を踏まえ、地域医療連携室では、患者さんの立場に立った医療・看護を見つめ直し、地域との円滑で緊密な連携を図ることで、患者さんやそのご家族が安心して地域で暮らせるよう努力しております。その中でも各地域の「かかりつけ医」の先生方との連携は特に重要と考えています。当センターを受診していただく時には必ず「かかりつけ医」の紹介状をお持ちいただき、退院される時には担当医から「かかりつけ医」の先生に入院治療経過を詳細にご連絡し、今後の治療の継続をお願いすることとなります。

地域医療連携室は平成28年4月から職員をさらに増員し、各機能のさらなる強化を図っています。今後も地域医療に少しでも貢献できますよう、努力してまいりますので、宜しくお願いいたします。

室長 藤井 崇史