中央放射線部

中央放射線部の概要

中央放射線部では放射線を扱いさまざまな検査や治療を行っています。
一般撮影、透視検査、CT、MRIは勿論の事、めずらしい所では、乳がんの鑑別検査としてマンモトーム(マンモグラフィガイド下で行う穿刺吸引細胞診)なども行っております。
最近ではRI部門において骨転移の疼痛緩和治療としてSr-89(ストロンチウム89)製剤の使用の開始など新しいことにも挑戦しております。
またMRI装置の更新があり、従来の装置と比べ新しい撮像法が可能になり各診療科に対してより診断に有効な画像の提供が可能となりました。
高性能な装置を生かし、精度が高い検査や治療を行えるよう、チーム全体で業務に取り組んでおります。
 

放射線科の概要

放射線科は放射線を扱う診療行為にかかわることを業務の基本としている診療科で、画像診断、放射線治療、インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)が主な診療内容です。
画像診断ではCTやMRIなどで撮影された画像に対してレポートをつけています。検査を受けられた方は担当の先生から診断結果を説明されることが普通ですので、お気付きいただけないことも多いのですが、実はわれわれ放射線科医も画像を見ています。対象となる臓器や疾患のエキスパートである各診療科の医師と画像に関する幅広い知識を持つわれわれ放射線科医が、それぞれの視点から画像を見ることで、より適切な診断、より効果的な治療がもたらされると考えています。