麻酔科

当院は、現在9名の麻酔科専門医と初期研修医1-3名が手術中の麻酔・全身管理、ICU(集中治療部)での重症者の全身管理、ペインクリニックでの疼痛管理・緩和ケアなどを行っています。

手術麻酔では全ての外科系診療科の全身麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロックなどを担当しています。手術前に術前診察を行い、患者さんの問題点を洗い出し、麻酔科内でのカンファレンスを通じて患者さんが安全で快適に手術を受けられるように心を配っています。夜間休日も緊急手術対応は万全です。年間麻酔症例数は約3700例です。

ICUには手術後の重症患者さんだけでなく、救急部や院内からの呼吸循環管理を必要とする多種多様な重症患者さんが入室します。専任の麻酔科医師が24時間体制で、様々な最新モニター機器、人工呼吸器、血液浄化装置、IABP・PCPSなどの循環補助装置を活用し、いつ急変するかもしれない重症の患者さんを注意深く観察しながら、治療・救命にあたっています。ICUは現在6床稼働で年間ICU入室患者数は約500例です。

ペインクリニックでは帯状疱疹痛の急性・慢性痛、顔面痛などの慢性痛、整形外科的な慢性痛、癌性疼痛などを神経ブロックや薬剤投与などで治療を行っています。また緩和ケアチームリーダーとしても活躍しています。

診療科のご案内

  • 施設認定
  • 日本麻酔科学会認定麻酔指導病院
  • 日本集中治療学会専門医研修施設
  • 日本ペインクリニック学会専門医指定研修施設