皮膚科

当院は、皮膚科専門医研修施設、生物学的製剤使用承認施設であり、常勤医 2 名、非常勤医 2 名で診療を行っています。

生物学的製剤、免疫抑制剤、化学療法など総合病院で行うべき皮膚疾患治療が中心になります。メラノーマ、皮膚悪性リンパ腫の他、全身療法が必要な炎症性角化症、膿疱症などの継続的治療を行っています。ほくろなど皮膚がんを心配されご紹介いただくことも多く、ダーモスコピーや生検により悪性の有無を診断しています。薬疹や中毒疹の紹介も増加傾向です。初めて受診される方は、かかりつけ医やクリニック(開業医)からの紹介状を持参していただけると幸いです。

皮膚科も他科と同じく施設ごとに専門領域、診療内容が異なります。疾患・病状によってはクリニックや大学病院など適切な医療機関へ紹介させていただきますので、ご理解のほどよろしくお願いします。