産婦人科

医師紹介

中村 康彦 画像

中村 康彦 なかむら やすひこ
副院長 婦人科診療部長 / 昭和57年卒
産科婦人科全般 / 生殖 / 内分泌 / 不妊症 / 腫瘍
資格
  • 日本産科婦人科学会 専門医・暫定指導医
  • 日本生殖医学会 専門医
  • 日本内分泌学会 内分泌代謝科(産婦人科)専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 山口大学医学部 臨床教授

メッセージ

近年、女性の結婚年齢の上昇に伴い不妊症カップルは増加しています。一方、不妊原因の半分は男性側にも問題が見つかります。治療を始めるに際しては、ご夫婦が同じ目標に向かって取り組むことが最も重要です。当院に紹介されてくる患者さんは、高齢であったり子宮筋腫や卵巣腫瘍を持っていたりと難治性不妊の方が多くいます。まずはその原因を解明してベストの治療方法を選びましょう。当院での不妊治療に関するサイトを参考にして、遠慮せずに受診して下さい。

当院は、がん治療などで将来赤ちゃんを産めなくなる可能性に直面した男女に対して、将来自分の子供をもてる可能性を残す「妊孕能温存療法」を行う施設として日本産科婦人科学会から認定されています。こうした状況にある男女は遠慮せずに、まずはホームページの相談室にメールを送って下さい。

15才を過ぎても月経が始まらない女子やそうした子供を持つお母さんは、是非一度当科に相談して下さい。少し遅れているだけなのか?もっと重大な原因があるのか?を検査して、早めにホルモン治療を開始した方が将来の二次性徴(乳房発育)などで悩みを抱えるリスクも減少します。