歯科口腔外科

山口県における3次医療機関歯科口腔外科として診療を行っています。 診療内容は、口腔腫瘍、外傷、口腔粘膜疾患、顎関節症、親知らずの抜歯(難抜歯を含む)、有病者の歯科治療、全身麻酔下の障害者歯科治療、さらに摂食嚥下(飲み込みの障害)リハビリテーション、周術期口腔ケア等を行っています。具体的には以下に示します。

  1. 顎口腔(あご・こうくう)に発生する、あらゆる疾患に対応しております。
  2. 嚥下障害(えんげ障がい:のみこみ困難)患者の機能評価と機能改善のための訓練をおこないます。
  3. 周術期口腔ケアを実践しています。(口腔内の感染巣をなくし、口腔内の細菌数を減少させあらゆる領域の癌をはじめとした疾患に対する治療の完遂をサポート)
  4. 障害者の全身麻酔下の集中的歯科治療を行っております。(一度に多数歯の歯科治療)
  5. 歯科人間ドック(自費)を行い顎口腔疾患の早期発見をめざしております。

 

当センター歯科口腔外科は常勤歯科医師2名、歯科衛生士4名であり、日本口腔外科学会指導医、日本歯科薬物療法学会認定医、日本外傷歯学会認定医、日本歯科人間ドック学会認定医の資格を有する歯科医師が在籍しております。また、山口大学医学部附属病院歯科口腔外科の関連科であり、臨床(診療)・学術の連携を強めています。さらに日本口腔外科学会関連研修施設として若手口腔外科医の育成にも努めています。

口腔領域に関する病変については何なりとお問い合わせください。

(社)日本口腔外科学会ホームページ参照