乳腺科

日本において乳癌は確実に増加しています。直近のデータでは女性の罹患率の1位になりました。具体的には、12人に1人が罹患すると言われています。また乳癌は他の癌に比べて発生年齢が若いという特徴があります。胃癌、大腸癌などの消化器癌は60歳代にピークがあるのですが、乳癌は40代後半に発生のピークがあります。このことは働き盛りであったり、主婦として子育ての真っ最中であったりし本人にとっても社会にとっても大変な出来事となります。

乳癌治療の基本は手術であることは間違いなく、以前より乳癌診療は外科医が行ってきました。しかしながらマンモグラフィを併用した乳癌検診、さらに超音波検査、MRI検査の発達により触ることのできないような早期の癌が見つかるようになりました。一方では他の癌に比べてホルモン剤や抗癌剤が効きやすいため、これらの薬を手術前後に効果的に使えばより高い治療効果を得ることができるため多彩な薬物治療が開発されています。

このように社会的にも需要、関心の高まった乳癌の診断から手術、集学的治療までを一貫して行う「乳腺科」を開設し診療を行っています。当センターにはこれらの診療を可能にするスタッフ、設備が整っています。当センターを県央部における乳腺診療の拠点にし、安心して受診していただけるよう努力いたします。