救命救急センター

当センターからのお願い

救急車到着風景

  1. 当救命救急センターの性格上、一般診療は各科専門外来(外来受付時間/8時30分~11時00分まで)での受診をお願いいたします。専門医による十分な検査や治療が受けられます。また受診する科が不明な場合は、総合受付でお尋ねください。
  2. 当救命救急センターは救急医療の役割分担として、第3次救急医療施設(生命の危険のある重篤な患者の診察が可能である医療機関)としての役割を担っており、重篤な患者さんを最優先して診察・治療を行っておりますのでご了承ください。
  3. 状況により診察・検査までの待ち時間・内服薬のお渡し・会計までに時間がかかることがございますのでご了承ください。また救命救急センターでのお薬は原則として1日分となります。
  4. 来院時には保険証と当院を受診されたことがあれば当院の診察券をお持ちくださいますようお願いします。また他院での内服中のお薬があれば持参ください。

ドクターヘリ離着陸風景

 

 

防府市の方へ

休日や夜間の救急について

内科、小児科、歯科は市の休日診療所(鞠生町 保健センター隣 電話:24-4172)をご利用ください。

受付時間

内科・小児科:8時30分~11時30分、13時00分~16時30分まで

歯科:8時30分~11時30分まで

外科的な病気は休日在宅表をご覧になり受診して下さい。

夜間や、休日診療所の診察時間後は救急病院群輪番表をご覧になり受診してください。

詳しくは防府医師会ホームページの「防府市の救急システムのご案内」をご覧ください。尚、山口県では夜間の小児救急医療の電話相談を行っています。

山口県医師会

時間:19時00分 ~ 23時00分

対象者:15歳未満の小児

相談員:看護師および小児科医

電話番号:083-921-2755

救急車適正利用のお願い

救急車利用の中には、急を要するケガや病気ではないにもかかわらず、「どこの病院に行けばよいかわからない」、「病院へ連れて行ってくれる人がいない」、「救急車で行った方が
優先的に診てくれる」、などの理由で利用される方も目立ち、救急出場増加の要因ともなっています。

出動件数の増加にともない,

  1. 救急車の現場到着が遅れる
  2. 一刻を争う重症患者の救急搬送に支障を来たす
  3. 火災発生の際の現場到着が遅れる

等の問題がすでに生じています。

  • 軽い打撲やかすり傷などの緊急性が低いときは、自家用車やタクシーなどを利用しましょう。
  • また、体の調子がおかしいときは、症状が重くなる前に、早めに診察を受けましょう。
  • 寝たきり、四肢の痛みなどで動けないときには、介護タクシーを利用しましょう。
防府介護タクシー 24-9393
周防タクシー 22-2730
構内タクシー 22-4333
湯田都タクシー 22-0310
山電タクシー 22-0988
日丸タクシー 22-0897
日名内タクシー 22-0471
山口民間救急サービス問合せセンター 0120-889-190

 

救急車が足りなくなった顛末のイラスト

山口県立総合医療センター 救命救急センター

車椅子やストレッチャーで乗れるタクシー

日の丸タクシー
電話 0835-22-0897
定員 車椅子・ストレッチャー1台と5人(運転手含む)
料金 車椅子は小型タクシー料金。ストレッチャーは特大タクシー料金。
車への乗り降りはリフトを使用します。居室のベッドから車までの移動も運転手が介助できます。
(介助が2名必要なときは あらかじめ電話の際にお申し付けください)

 

防府介護タクシー
電話 0835-24-9393
定員 寝台・車椅子各1台と付き添い4人
料金 大型タクシー料金の2割増し。車への乗り降りは、リフトを使用します。
(介助が2名必要なときは あらかじめ電話の際にお申し付けください)