災害時の対応

DMAT(災害派遣医療チーム)

 

DMATとは

DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており(※平成13年度厚生科学特別研究「日本における災害時派遣医療チーム(DMAT)の標準化に関する研究」報告書より)、災害派遣医療チーム“Disaster Medical Assistance Team”の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

dmat 画像医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

DMATの始まり

阪神・淡路大震災の教訓のもと「一人でも多くの命を助けよう」を合言葉に厚生労働省により、災害医療派遣チーム、日本DMATが平成17年4月に発足しました。

DMATの主な活動内容は、広域医療搬送、病院支援、域内搬送、現場活動などがあります。

当院のDMAT

平成18年に医師2名、看護師2名、業務調整員1名の5名がDMAT研修を終了し、DMATが1チーム誕生。その後、平成19年に2チーム目が誕生。現在17名の隊員が在籍しています。

当院のDMATの活動

中国地区DMAT連絡協議会実働訓練、山口県総合防災訓練、防府市集団救急事故対策訓練の技能維持研修や実動訓練などに参加し、知識・技術の向上に努め、いつ起こるかわからない災害に備え、DMATとしての様々な救命活動が行えるよう隊員のスキルアップを図っています。

出動実績
  • 平成21年 防府市豪雨災害
  • 平成23年 東日本大震災
  • 平成28年 熊本地震