脳・神経疾患センターのご案内

当センター(4階北)では神経内科と脳神経外科が連携かつ協働し、脳・神経・筋疾患の迅速かつ適切な診断と治療を提供します。医師、看護師、薬剤師、リハビリテーション科スタッフ、医療ソーシャルワーカーなど多職種が連携し、患者さんが安心して質の高い医療を受けていただける体制を整えています。

さらに県内の病院及び診療所と連携を図り、切れ目のない医療を行なっています。

対象とする疾患は脳卒中、てんかん、神経難病、認知症、不随意運動症、神経系感染症、神経脱髄疾患、脳腫瘍、頭部外傷、水頭症、先天性奇形、顔面けいれん、三叉神経痛、疼痛、痙縮など様々です。県内外に誇れるオンリーワンの高度専門医療が実践できる脳神経疾患センターを目指して、日々尽力しています。

詳細は こちら をご覧下さい

脳・神経疾患センター長 藤井 正美(脳神経外科 診療部長)