消化器病センターのご案内

医療技術の進歩と健康に対する意識や価値観の多様化から、医療機関には高水準で良質の医療の提供が求められております。これらのニーズにこたえるため、消化器内科と消化器外科の病棟を統合し、お互いに協力して消化器疾患の治療を行うために消化器病センター設立いたしました。内視鏡治療、手術療法、抗がん剤治療、放射線治療など様々な治療法の進歩に伴い、最良の医療を提供するには、今まで以上に各診療科のみならず、様々な職種での密接な協力が必要となります。消化器病センターでは、高い専門性と個々の症例に最適な医療の提供をすすめるとともに、総合病院の特徴を生かし、合併症のある方や、高齢の患者さんに対しても安心して専門的な治療を受けていただけるようにチーム医療を行っています。

消化器病センター長  須藤 隆一郎(消化器外科部長)