人工関節センターのご案内

当院では平成22年に県内初の人工関節センター(5階南)を開設しました。当センターの人工関節手術件数は県内で最も多く、年間約400例(中国・四国地区2位)の人工関節手術を行っており、山口県における人工関節手術の中心的な施設として、伝統と経験に基づいた質の高い治療を提供します。手術は基本的にMIS(最小侵襲手術)という方法で行っており、傷が小さいだけでなく、術後の回復も早く、早期の社会復帰が可能です。当センターでは整形外科・リハビリテーション部・看護部門・手術部など関連する専門スタッフによりチーム医療で集中的に人工関節治療を行う体制をとっています。当院はリハビリ専門医師を含む県下有数のリハビリテーション科を有し、専門スタッフによる早期在宅復帰を目指したリハビリを行っています。

人工関節センター長 田中 浩(整形外科 診療部長)