DPCについて

当院の入院医療費はDPCで計算しています

DPCとは

従来の入院費の計算方法は、診療行為を積み上げて計算する「出来高方式」でした。DPCとは、患者さんの病名・症状に応じて「主たる病名」を決定し、それに対して厚生労働省が定めた1日当たりの定額の部分(包括評価部分)と、従来通りの積上げ部分(出来高評価部分)を組み合わせて計算する方式です。

包括評価部分:入院基本料・検査・画像診断・投薬・注射料など

出来高評価部分:手術料・麻酔・リハビリ・内視鏡検査・医学管理料など

自費負担:食事代・個室代・病衣代などの診療費以外の部分

※退院後に「主たる病名」が変更になり、追加請求が生じる場合がございますのでご了承ください。

出来高方式とDPC方式の違いについての説明図

患者さん全員が対象なの?

患者さんの病名や治療の内容に応じて分類された病名のいずれかに該当する場合に対象となり、以下の患者さんは、対象外です。

  1. 労災や交通事故等の自由診療、お産など健康保険を使用しない場合
  2. 入院後24時間以内に亡くなられた場合
  3. DPC対象入院期間を超えた場合
  4. 地域包括ケア病棟に入院の場合

    など

1~3に該当する方 → 従来通り、出来高方式で計算

4に該当する方 → 地域包括ケア病棟のご案内をご参照ください。