褥瘡予防対策チーム

褥瘡予防対策チーム TOP 画像

褥瘡対策チームとは

院内の多職種と協働し、入院患者さんに褥瘡が発生しないように、また、褥瘡のある患者さんの褥瘡が悪化せず回復に向かうように褥瘡対策に取り組んでいます。

褥瘡予防対策委員長 山田 隆弘

主な活動内容

  • 専任医師・看護師・管理栄養士で院内の褥瘡のある患者さんの回診を2回/月行い、褥瘡ケアの評価や指導を行っています。
  • 褥瘡の患者さんに立案された看護計画に添った看護が提供できるよう各病棟リンクナースを通して支援しています。
  • 褥瘡発生リスクの高い患者さん・褥瘡のある患者さんが、各病棟で、適切な援助(マットの選択・処置・ケア・栄養の評価)ができるように病棟リンクナースを通して支援をしています。
  • 褥瘡に関する知識・技術の向上を図るために院内外の医療従事者に向けて 研修会を開催しています。

構成メンバー

  • 皮膚科医師・形成外科医師
  • 専任看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師含む)
  • 管理栄養士