病棟紹介

フロアマップ

 
フロアマップ 7階 説明画像

フロアマップ 6階 説明画像 フロアマップ 5階 説明画像 フロアマップ 4階 説明画像 フロアマップ 3階 説明画像 フロアマップ 2階 説明画像 フロアマップ 1階 説明画像

7階病棟師長ご挨拶

7階 北病棟(外科系病棟) 石田 美江

外科、泌尿器科、神経科、麻酔科の外科系混合病棟です。外科は主に、乳腺外科、呼吸器外科、血管外科の患者さんが入院されています。多くの患者さんは手術を目的にされていますが、化学療法、緩和治療など幅広く対応しています。また、高齢な患者さんも多く、医療相談室と連携し入院時から退院後の生活を視野に入れた関わりをしています。安心して入院生活が送れるよう環境を整え、明るく、温かい対応をこころがけています。

看護師集合写真 

7階 南病棟(手外科センター・外科系病棟) 高橋 朋子

形成外科、整形外科の手外科センターと耳鼻科、皮膚科の混合病棟です。切断指再接着、先天疾患から褥瘡、熱傷まで幅広く対応しております。熱傷ベッドや特殊浴槽を完備し、専門性の高い治療が行われています。入院時より医師をはじめとして多職種で情報を共有し、チームでケアに取り組んでいます。スタッフ一同、それぞれの患者さんのQOLを考え、ご家族とともに患者さんを支援していけるよう努めています。

看護師集合写真 

6階病棟師長ご挨拶

6階 北病棟(内科系病棟) 中村 房江

内分泌・血液内科・消化器内科などの患者さんが入院されている病棟です。血液内科での大量化学療法や造血幹細胞移植のための、「無菌治療室」が6室あります。入院してこられる患者さんの疾患は多岐にわたり、白血病など、治療の長期化、重症化する疾患も多く、患者ご家族の想いに寄り添いながら、安心して療養生活が送れるように、病棟全体で取り組んでいます。糖尿病の教育入院では、患者自身が自己管理できるように、生活上の指導を行っています。若いスタッフも多く、日々成長できる職場を目指し頑張っています。

看護師集合写真 

6階 南病棟(消化器病センター) 安村 真由美

6階南病棟は「消化器病センター」で、消化器内科・外科疾患看護を行っています。周術期や悪性疾患患者の看護、症状緩和や精神面の支援も行っています。疾患や症状の変化に応じた消化器内科、消化器外科のコラボレーションにより患者さんにとってよりよい治療環境が提供されています。外科手術や内科検査は術前から術後、退院まで治療の経過を見越した的確なケアが求められます。医師やコメディカルとの連携も重要でカンフェレンスを活用し情報共有に努めています。どんな時でも「患者さんの最善を考えられるよう」チームで考え行動出来る事を目指し取り組んでいきます。

看護師集合写真 

5階病棟師長ご挨拶

5階 北病棟(地域包括ケア病棟) 廣川 裕美子

地域包括ケア病棟は、急性期治療が終了し、症状が安定した患者さんに対して自宅や介護施設等への退院支援をしています。平日の13時からはリハビリスタッフ、看護師によるリハビリ体操を実施しており、リハビリのない患者さん、他病棟の患者さん、ご家族も参加されています。主治医、専任の医療ソーシャルワーカー、専従のリハビリスタッフと連携し、患者さんやご家族が安心して退院できるように、スタッフ一同頑張っています。

看護師集合写真 

5階 南病棟(人工関節センター) 伊藤 加奈恵

看護師集合写真5階南病棟は、人工関節センターと眼科の病棟です。主に膝や股関節の関節疾患や、白内障・緑内障などの眼疾患の患者様が手術のために入院されます。看護師たちは、患者様の望む生活が1日でも早く実現できるよう、術後の痛みの緩和や充実した入院生活の支援、退院後の生活指導に取り組んでいます。多職種と協働し、日々患者様のために頑張っています。 

4階病棟師長ご挨拶

4階 北病棟(脳・神経疾患センター) 福田 貴代美

看護師集合写真4階北病棟は、脳・神経疾患センターです。脳血管疾患、腫瘍、パーキンソン病、てんかん、重度な神経難病などさまざまな疾患の検査・治療を行っています。私たちは、急性期から回復期までを通して、患者さんの生きる力を信じて看護に取り組んでいます。疾患の特徴からこまやかな観察力と急変対応、患者さんの安全を守り、ありのままを受け止める看護の力が求められます。他職種と協働しながら患者さんとご家族を支えていきたいと毎日頑張っています。 

4階 南病棟(心臓病センター) 縄田 眞澄

心臓病センターとして、循環器内科・心臓血管外科・救急科の患者さんを受け入れています。虚血性心疾患などの急性期看護、慢性心不全の再燃を繰り返しながら終末期に移行する患者の看護など多彩な看護を求められています。また、患者・家族の不安を軽減し、将来を見据えた行動変容への支援が出来るよう取り組んでいます。入院早期から看護の力だけではなく、理学療法士・医療ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師などと協力体制を取りながら日々の看護にあたっています。

看護師集合写真 

周産期 4階 NICU 久芳 桂子

 看護師集合写真小さく生まれた赤ちゃんや治療が必要な赤ちゃんが入院しています。治療に伴うストレスを最小限に抑え、お母さんのおなかの中にできるだけ近い環境を整え、赤ちゃんひとり一人の反応を見ながら、その成長と発達を見守り、促進する「赤ちゃんに優しいケア」を心がけています。また、親子が離れた状況の中で、面会時の関わりを大事にし、親子関係を育む援助を行っています。赤ちゃんやご家族の笑顔と赤ちゃんの成長が、私たちの楽しみでありやりがいに繋がっています。

周産期 4階 GCU 久芳 桂子

看護師集合写真集中治療後の状態が安定した赤ちゃんが療養しています。ご家族の絆を大切に、面会時や母子同室では、赤ちゃんとお父さん・お母さんが心地よく過ごせる環境作りを心がけています。また、退院に向けて、ご家族が安心して赤ちゃんを迎えられるよう育児支援を行っています。医療依存度の高い赤ちゃんや環境調整が必要な赤ちゃんは、母子保健室を通じて地域の保健師や訪問看護師と調整しながら在宅移行を支援しています。赤ちゃんの健やかな成長を願い、愛情をもってケアに取り組んでいます。

3階病棟師長ご挨拶

3階 南病棟(小児・婦人科病棟) 髙橋 弘子

 看護師集合写真小児・産婦人科、歯科口腔外科の病棟です。15歳未満の小児の患者さんは、診療科を問わず受け入れています。婦人科、歯科口腔外科では、手術を受けられる方ばかりでなく、放射線治療や化学療法を受ける方など様々です。生殖医療室も備えており、高度な不妊治療も行われています。小児から成人まで、幅広い年齢、多様な治療を受けられる患者さんに対し、安心して治療を受け、入院生活が送れるよう安全、安楽に留意し、療養環境を整えています。また何でも相談しやすく信頼される温かい看護を目指しています。

周産期 3階(周産期センター) 中村 光恵

 看護師集合写真周産期センターは県内外の医療機関から紹介されるハイリスク妊婦の受け入れを行なっています。MFICU(母体・胎児集中治療室)や帝王切開に対応する分娩手術室を設けています。また、家庭的な雰囲気で出産できるLDR室(居室型分娩室)や院内助産院(診療科部門→院内助産院)も併設しており、正常産からハイリスクまですべてのお産のお手伝いをしています。里帰り分娩も受け付けています。お母さんと赤ちゃんが安全に、安心して妊娠・出産・育児ができるよう助産師がサポートしています。

各病棟師長ご挨拶

外来師長 伊藤 昌子

 看護師集合写真外来では、来院された患者さんがスムーズに診療が受けられるよう、受診科案内や外来全般に関する相談の対応をしています。また、がん・不妊・小児アレルギー・ストーマケア・フットケアの看護外来では、助産師・看護師主体の専門性の高い看護を行っています。外来看護師は、医師・コメディカルと連携し、患者さんが診療を安心・安全に受けられるよう努めています。今後も、患者さんが自分らしく生活を送れるよう支援できる外来看護を提供していきます。

手術部 白岩 友美

看護師集合写真手術部では多種多様の手術に対し、外科医・麻酔科医・看護師・臨床工学士など関係職種が連携して、円滑・安全に手術を実施しています。365日24時間体制で緊急手術にも対応し、年間約4800件の手術を行っています。手術前には患者さんの病室を訪問し、麻酔や手術の流れを説明すると共に、患者さんからの不安や心配事に丁寧し対応し、安心して手術を受けていただけるようサポートしています。また術後訪問を行い、手術中の看護評価と今後の質向上に向け、カンファレンスを行っています。スタッフは患者さんの非日常的な手術というイベントに寄り添い、個別性を重視してきめ細かい看護を提供しています。

集中治療室(ICU) 山角 洋子

 看護師集合写真ICUでは、急性の呼吸・循環不全や大手術等で、持続的なメカニカルサポートを必要とする患者さんを対象に看護を行っています。多職種(医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床工学士・理学療法士)が毎日カンファレンスを行い、連携を図りながら、質の高いケアの提供に努めています。危機的状況にある患者さんやそのご家族の思いに寄り添い、急性・重症患者看護専門看護師、集中ケア認定看護師を中心に、最新の知識や技術を取り入れながら、安心で温かみのある看護を提供するためにスタッフが一丸となって頑張っています。

救命救急センター 重冨 美喜江

看護師集合写真救命救急センターは、歩いて受診される方から救急車やドクターヘリでの搬送まで、365日24時間体制で救急患者さんに対応しています。緊急度と重症度の高い患者さんが多いため、医師や多職種と協働し、迅速で的確な医療を提供できるよう体制を整えています。また、センターに併設されているHCUは充実した機能・設備を備えており、センターで初期治療を行った重症患者さんを受け入れています。スタッフ一同、安全で安心できる看護ケア提供を目指し努力しています。