京都大学教授 福原俊一先生をお招きし、臨床研究に関するワークショップ、講演・シンポジウムを開催します。

3月10日土曜日、萩市地域医療連携支援センターです。福原俊一先生は、臨床研究では世界的にもご活躍で、分かりやすいワークショップにも定評があります。またシンポジウムでは厚生労働省・WHOで勤務経験があり、研究がLancetにも掲載され、現在は山口県健康増進課長の喜多洋輔先生臨床研究を軸とした若手医師確保等により経営改善を達成された、(元)橋本市民病院事務局長、(現)岡山市立総合医療センター事務局長 豊岡宏氏をお招きしております。地域医療の活性化について、ご討論いただきます。詳細につきましては下記をご参照ください。13:15-15:00 ワークショップ 「臨床研究 はじめの一歩」15:30-17:55 講演・シンポジウム 「総合診療 松下村塾」の二部構成です。タイトルに「臨床研究はじめの一歩 参加申し込み」「総合診療 松下村塾 参加申し込み」と記載して、hekichi.shien@ymghp.jpまでご氏名・ご所属をご記入の上、メールでお送りください。※いずれも参加される方は、2通の送信をお願いします。

世界的権威から学ぶ 臨床研究 はじめの一歩 のポスター