循環器内科

医師紹介

藤井崇弘副院長 画像

藤井 崇史 ふじい たかし
副院長 / 昭和54年卒
循環器内科全般
資格
  • 日本内科学会 指導医・認定医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本心臓病学会FJCC
  • 日本心血管インターベンション治療学会 名誉専門医・施設代表医
  • 日本高血圧学会 指導医
  • 山口大学医学部臨床教授

 

メッセージ

当院の循環器内科は冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)、心筋症、心筋炎、弁膜症、心不全、徐脈性・頻脈性不整脈、高血圧、脂質異常症、下肢閉塞性動脈硬化症、肺高血圧症、肺動脈血栓塞栓症、深部静脈血栓症など、循環器領域の多くの疾患の診療を行っています。3次元心エコー検査、冠動脈CT検査、MRIなど最新鋭の画像診断が可能です。冠動脈造影の映像はデジタル・オンラインシステムで、病棟、カンファレンスルームなど、どこからでもアクセスでき、患者説明やカンファレンスに活用されています。

私の専門である狭心症、心筋梗塞に対する心臓カテーテルを用いた治療は、様々な工夫を凝らし、安全で確実な治療を目標にしています。また、高度急性期病院として救急疾患の対応にも力を注いでいます。特に最近は高齢化時代に入り、高齢者の心不全が増加しています。当院では急性期の治療を担当し、病状が安定したら、自宅に退院していただくか、自宅の近隣の病院に転院していただいています。最近では心臓リハビリテーションにも力を入れ、在宅診療にスムーズに移行できるように努力をしています。